トップ / クリニックでの治療後には化粧品で対策を

シミそばかすを消す為に

クリニックでの治療後には化粧品で対策を

シミ対策に良いクリニック処方の化粧品

クリニックでレーザー治療をした後には、繰り返さない為にもその後のケアが重要です。レーザーで治療をしても、日々の生活の中でまたシミになる要素はたくさんありますので、ケアには美白化粧品を使うと良いでしょう。

美白化粧品の働きは、大きくは、メラニン色素が作られる過程を阻害してくれる事にあります。含まれる美白成分によって、その過程は変わってきますので、成分に注目して選ぶようにしましょう。厚生労働省に認可されている「美白成分」を参考にするのがオススメです。

皮膚は紫外線や何らかの刺激を受けると、メラノサイトに「メラニンを作れ」という指示が出されます。その指示を抑制してくれる成分が「カモミラET」「トラネキサム酸」「T‐シクロアミノ酸」です。

「メラニンを作れ」という指示をメラノサイトが受け取ると、チロシナーゼという酵素がメラニン色素を作る働きを始めます。そのチロシナーゼの働きを阻害してくれる成分が「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」「アルブチン」「コウジ酸」「ルシノール」「プラセンタエキス」「トラネキサム酸」です。

これらの成分は、厚生労働省に認可されている成分なので試してみて、肌に合うものが見つかれば使い続ける事でシミの予防になります。肌に合うもので悩んだ場合はクリニックで相談すると良いでしょう。
美白化粧品は、できたシミを薄くするというよりは、予防をするものなので、治療後のケアや予防目的として、毎日使うようにしましょう。

1年中、肌は紫外線からの刺激を受けていますので、なるべく1年を通して使う方が効果的でしょう。高価なものを気まぐれに使うよりも、使い続ける事の出来る価格のものを選ぶ事が重要です。化粧水や美容液など、毎日使いやすいものを取り入れるのがオススメです。

Copyright © シミやそばかすをクリニックで消したい All rights reserved