トップ

シミそばかすを消す為に

シミやそばかすをクリニックで消したい

シミとそばかすの原因とクリニックでの治療

年齢とともに、肌のトラブルは避けて通れないものですね。
私は27歳でアパレルの販売の仕事をしています。25歳になるまでは、特に肌の悩みはほとんどなかったのですが、25歳はお肌の曲がり角とか言いますが、本当にそのくらいの年齢からお肌の状態の変化を感じています。

一番の悩みは、頬にでてきたそばかすのような、うす茶色い斑点のようなシミ。
コンシーラーやファンデーションで頑張って隠しているけれど、厚塗りになって老けて見えるし、最近のメイクはナチュラルが流行りなのに、時代遅れなメイクになってしまう。なんとかして、このそばかすのようなシミを消したいと思い調べてみました。

そもそもシミができる原因とは一体何なのでしょう?
シミやそばかすは、身体を錆びさせると言われている「活性酸素」が原因でできるそう。その活性酸素は、紫外線を浴びたり、刺激を受ける事で発生してしまう。そして、発生した活性酸素によってメラノサイトが刺激され、メラニン色素が生成されることによって、肌に色素沈着が起こり、シミやそばかすとなるそう。

その活性酸素が発生してしまう原因としては、紫外線が最も大きいと言われているけれど、他にも、合わない化粧品を使っていたり、ストレスや栄養不足、睡眠不足なども原因になっているそう。

私生活を振り返って、思いつく事がたくさんあったのでドキッとしました。
まず、私は海が大好きで、毎年夏になると海に行って日焼けをしています。日焼け止めは、一応塗るけれど、こまめに塗りなおしたり、帽子を被ったりもしない。

化粧品に特にこだわりはなくて、ドラッグストアでプチプラのものを買って使っている。
若いから大丈夫と思っていたけれど、まさに、シミができてもおかしくないような生活を送ってしまっていたようです。とにかく、化粧品で何とかなるかなと思って、ちょっと高い美白化粧品を使って1週間くらい使ってみたけどあまり変わらない・・・。

それもそのはず、子供の頃から生まれつきあるそばかすは、先天性のもので思春期を境に消える事もあるらしい。でも、大人になってから出来るシミの一種であるそばかすは、なかなか自然に消えることはないそう。シミの種類においては、レーザーしか消えないというものが多くあるらしいのです。シミはクリニックでの治療が効果的です。

“老人性色素斑
誰もが認識しているであろうシミで、シミのタイプでも最も多いものです。骨格の高い位置にある皮膚にできやすく、頬やほお骨周辺のシミそばかすはほとんど老人性色素斑だとお考えください。最初は薄茶色で丸い形をしているんですが、年齢と共に大きくさらに濃くなっていきます。この場合、美白化粧品の効果も期待はできますが、はっきりと目立ってしまっているものには美白化粧品の効果を発揮しません。まだ薄い段階で肌の表面に出ているものは消すことが出来ます。老人性色素斑でもし美白化粧品が全く効かない場合はレーザー治療しかありません。

脂漏性角化症
シミがいぼのようになったもので、ゴツゴツしたシミです。手の甲にできやすいのですが、脂漏性角化症の場合は美白化粧品が一切効きません。レーザー治療で消すしか選択肢はありません。

花弁状色素斑
急激に日焼けをすると起こるシミです。ほとんど全身に出る症状なんですが、特に背中に出来やすいです。日焼けした肌が元に戻ると自然と消える場合もありますが、一生残ってしまう可能性もあるので、もし劇的に日焼けをしようと考えているのなら対策をしておいた方が良いでしょう。花弁状色素斑の場合、レーザー治療でのみ消すことが出来るので、もし海に行く際や夏外出することが多い場合は、急激な日焼けに気を付けておきましょう。
出典
シミそばかすが消えないのはどうして?

調べてみた結果、私のそばかすのようなシミもレーザー治療で消すのが一番いい方法だったので、レーザー治療で消す事にしました。
私のシミの場合は、消す為にはレーザーで治療する方法が一番良かったのでレーザーで治療しました。
でも、できたしまったシミを消しただけで、結局同じ生活をしていると、また同じようにシミができてしまうので、これを機に、シミが出来ない為の生活を送るようにしました。

Copyright © シミやそばかすをクリニックで消したい All rights reserved